Inter Sample Peakに対応したマキシマイザープラグイン「VeeMax 1.10」

マキシマイザープラグイン「VeeMax」

Inter Sample Peakに対応したマキシマイザープラグイン「VeeMax」がバージョンアップしてver.1.10になりました。

 サンプル間に隠れたピークを考慮したマキシマイズ処理を行ってくれるマキシマイザーとなっています。

パラメータは以下のようになっています。

Gain
 ここで元の音量に対してどれだけ音量を上げるかを決めます。0dBで元の信号
 のままになります。歪っぽくならない範囲、通常の使い方ならば10dB以内程度
 で適当なポイントを探す事になると思います。
 
Release
 大きな信号が入ってクリップしないように圧縮した後、どれだけの速さで復帰
 するかのパラメータです。極端にGainを上げている場合は、遅すぎると音量が
 うねるようになり、速すぎると音が歪みっぽくなります。

OutCeiling
 出力信号の最大出力振幅を設定します。デフォルトで0dBとなっていて、これで
 デジタルのフルスケールを使い切るようになっています。単純に音圧上げに使う
 場合には特に弄る必要はありませんが、後でMP3などにエンコードする場合に
 エンコーダによっては-0.数dBほど下げておいた方が良い結果になる事があります。

ISP Detection
 ISPはInter Sample Peakの略で単なるデジタル信号のピークではなく、アナログ化
 したりリサンプリング処理した時に現れるピークの事です。
 例えば48KHzサンプリングで制作したトラックがデジタル値としては-1.0~+1.0の
 範囲に収まっていてもこれを44.1KHzで書き出す際に1.0を越えるような信号が出て
 くる場合があります。ISP DetectionをOnにしておくとこれを考慮してアナログ化/
 リサンプリング処理の後でクリップが発生しないようにします。
 デフォルトでOnになっています。

Stereo Link
 左右の信号に対して同じ比率でのマキシマイズ処理を行います。これにより、パン情報
 が保持されます。このスイッチをOffにした場合は左右の信号を独立して処理するため、
 するため、パン情報に歪が発生しますがOnの場合よりも更にもう少しマキシマイズしま
 す。デフォルトでOnになっています。

VeeMax 1.10